未分類

  • 2018年5月2日

    ヨガのレッスン中に突然ある女性が、「パソコンでネットを見ていたら、白髪染めで肝硬変になった人がいるって書いてあったんだけど、そんなことって本当にあるの?」と聞いてきた。

     

    白髪染めには、様々な有害成分が入っています。

    それらの成分は、「経皮吸収」と云って頭皮を通って体内に蓄積され、体調不良の原因となります。

    時にはそれが原因で、癌や肝硬変などの取り返しのつかない病気になる可能性も大です。

     

    「私のパートで行っているドラッグストアーでも、私のいる4時間くらいの間に、毎日平均4~5人くらいの人が買いに来ますよ。」と冒頭の女性。

     

    長い時間をかけて、少しずつ身体を犯していくので、使っている当人も気づかずに使い続けるという事になります。

    そして、それが原因で大きな病気になったという事が証明されたとしても、メーカーは責任をとることはありません。

    何故なら、薬機法(旧薬事法)という法律で義務付けられ、製品の裏に内容成分は全て表記されています。

    「これらの成分が入っているのを知ったうえで買って使ったのはあなた」という事になります。

    結局は、正しいことを知って、自分で自分を守らなければ、という事になります。

     

    参考の為に、白髪染めに入っている有害性のある成分を、成分名だけ幾つか書いておきます。

    ご自分を守るための参考にしてください。

    ○○パラベン(和名、安息香酸)パラベンには何種類かありますので、パラベンの文字があったら危険と思ってください。

    イソプロパノール、フェノキシエタノール(PE)、セトリモ二ウムクロリド、 パラフェニレジアミン。

  • 2018年1月21日

    寒中お見舞い申し上げます。

    この冬は、寒暖の差が激しい冬になりそうですね。

    毎日の自然環境に身体を合わせてゆくのがとても難しく、ついつい風邪やインフルエンザを引き込んでしまいそうです。

    その予防対策としては、その日その日の気温や天候に合わせて衣服を調節し、身体を冷やさない努力をするのが一番効率的ではないでしょうか。

    日本では昔から、冬は「頭寒足熱」と云います。

    足=下半身を温め(厚く)、頭=上半身を冷やす(一枚薄く)これが冬を健康に過ごす昔の日本人の知恵です。

    私達も古い日本人の知恵をまねて、この冬を健康に過ごしてみませんか!!

    今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

  • 2017年11月6日

    「ねえ、この頃〇〇さんちょっとへんじゃない?」
    「そうよね、なんかとっても忘れっぽくなったみたい」
    「時々、意味の分かんない事言いださない?」
    「そうそう、何を言われてるのか私、分かんない時がある」
    自分の周りの人たちがだんだん年を取り、そんなひそひそ話がどこからともなく私の耳にも、聞こえてきたりする時がある。
    そしてそんな声を聴きながら、齢70を超えた私も心ひそかに、ドッキとしたりする時もあったりする。
    記憶力の低下は残念ながら、自分でも自覚することが少なからずある。
    そこで脳に良い食べ物はないものかと、ネットを使って調べてみた。

    脳に良いと言われる食べ物
    クルミ、ワイルドサーモン、緑茶、ブルーベリー、ほうれん草、ブロッコリー、ウコン、ダークチョコレート、トマト、ココナツオイル、ローズマリー、鮭、オリーブオイル、卵黄、等々
    尚、蛇足になるかもしれませんが、けん玉は、前頭葉の活性化に役立つとのことです。
    興味のある方は、どうぞお試しあれ。

  • 2017年9月23日

    iちゃんは小学5年生、ヨガベービーです。
    なかなか赤ちゃんの出来なかった、iちゃんのお母さんが12年ほど前、どうしても赤ちゃんがほしい、ヨガで赤ちゃんの出来る体にならないだろうかと、当道場を訪れました。
    その頃、当道場には同じような悩みを以って当道場を訪れ、ヨガで身体の歪みを修正し、婦人科の臓器への圧迫が取れ、待望の赤ちゃんを授かった女性が何人か居ました。

    iちゃんのお母さんもヨガを始め、そして生まれたのがiちゃんです。
    iちゃんはこの世に生まれ出るまでの数か月、お母さんのおなかの中でヨガをやってきました。
    そのせいでしょうか、精神的にとても落ち着いた、子供なりに深い部分を持った、お子さんに育っている気がします。
    これからのiちゃんの成長が楽しみです。

  • 2017年9月9日

    夏の終わりを感じさせる雨上がりのある日、レッスン中に道場の窓ガラスに雀ようなものが止まりました。
    でも、雀がこんなふうに止まれるわけはないと、そっと窓を開けてみました。
    其処には普通よりも一回り程大きなセミが、張り付くように止まっていました。

    蝉は次の瞬間、飛び立って行ってしまいましたが、何故かとても嬉しくなりました。
    東京の西の外れに近いとはいえ、羽村市も随分と都会になりました。
    10数年間前には、周りに畑が随分あったのですが、今は全て人家に変わってしまいました。
    蝉を見たのも本当に久しぶりです。
    「ああ、まだセミが住めるくらいの自然は残っているのだ。」
    それが嬉しさの一番めです。

    これは、まるきりのこじつけですが、
    「ア、何か良いことが、飛び込んで来るかも!」
    さあ!どんな良いことが飛び込んできてくれるかな?
    楽しみに待っていよう!!

  • 2017年7月19日

    はじめに、この度の台風3号で大きな被害を受けた九州地方の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

    さあ!いよいよ夏がやってきました。

    今年の夏は、いつもの年以上に暑い夏となりそうです。
    しっかりとした熱中症対策が必要です。

    熱中症対策その1、
    水分補給をこまめに。
    一度に大量の水分を補給しても、ただ身体を通過するだけで細胞までは浸透していきません。
    少量ずつ、何度もこまめに摂ることが必要です。

    熱中症対策その2
    適度な塩分補給を。
    毎日の食事を通して、程よい塩分を補給しましょう。大量の汗をかく時は、特に塩分補給が大切です。
    ただし、かかりつけの医師から水分や塩分の制限をされている方はは、医師と相談の上、その指示に従いましょう。

    熱中症対策その3
    程よい睡眠をとろう。
    睡眠不足は、疲労のもとです。疲労は身体の免疫力の低下につながります。エアコンや扇風機などを上手に使い、快適な睡眠環境を作り、しっかりと質の良い睡眠をとりましょう。