• 2018年8月10日

    毎日毎日暑い日が続いています。

    今年は日本だけでなく、世界各地で異常な気象現象が起こっているようです。

    地球は、これからどうなって行くのでしょうか?

    それはさておき、今年はしっかりとした、熱中症対策が必要なようです。

    そこで熱中症対策について、調べてみました。

     

    我々の身体は、常に36度台を保つように、コントロールしています。

    しかし我々は常に、スポーツや仕事で身体を動かし続け、体内に熱を作り出しています。

    体温の上がった際には、汗をかき身体から熱を放出し、37度以上に体温の上がらないようにコントロールしていますが、それがうまくいかなくなり、41度ちかくまで上がってしまう事が有ります。

    それにより脳をはじめ、様々な臓器が正常の状態では機能しなくなってしまいます。

    まして汗をかき、血液中の水分量が減り、血液濃度が高くなり、それが熱中症を引き起こします。

     

    夏場、周りの人の体調悪くなったら、まず熱中症を疑ったほうが良さそうです。

    意識がはっきりしていない時は、脳に問題が起きているかもしれません。まずは救急車を呼んでください。

    意識のある場合は、冷たい水やスポーツドリンクを飲ませてあげてください。

    冷たくともコーヒーなどのカフェインの含まれているものやアルコールは、利尿作用があるので不可です。

    いずれにしても、一度医師の診断を受けることが必要です。

     

    さてでは、熱中症予防は、どうしたら良いでしょうか。

     

    ◆バランスのとれた食事をこころがけよう。

    熱くなると、ついついさっぱりした食事が多くなりがちですが、しっかりとバランスの摂れた食事をこころがけましょう。まずは熱中症に負けない体力づくりを!

     

    ◆少量ずつ、こまめに水分を取ろう。

    こまめに水分補給をすることが必要ですが、水分だけでなく塩分も一緒に補給しましょう。尚、砂糖を少量加えると、吸収力が良くなり、疲労回復にもつながります。目安としては、1リットルの水に、1~2グラムの食塩を加えるのが良いそうです。ただ、いっぺんに大量の水分を補給しても、体内への吸収が間に合わず、尿として体外に放出してしまいます。くれぐれも少量ずつこまめな水分補給をしましょう。

     

    ◆質の良い睡眠を!

    熱中症予防には、睡眠不足等で起こる疲労も大敵です。室内温度、湿度等をしっかりと管理し、質の良い深い睡眠をとりましょう。

    尚、日中も室内温度、湿度等に気を配り、快適な住空間を創りましょう。さもないと、家の中にいて熱中症などという事にもなりかねません。

    以上のことに気をつけながら、この酷暑を乗り切って行きましょう。

    まずは、しっかりとした体力づくりを!!

     

     

  • 2018年5月2日

    ヨガのレッスン中に突然ある女性が、「パソコンでネットを見ていたら、白髪染めで肝硬変になった人がいるって書いてあったんだけど、そんなことって本当にあるの?」と聞いてきた。

     

    白髪染めには、様々な有害成分が入っています。

    それらの成分は、「経皮吸収」と云って頭皮を通って体内に蓄積され、体調不良の原因となります。

    時にはそれが原因で、癌や肝硬変などの取り返しのつかない病気になる可能性も大です。

     

    「私のパートで行っているドラッグストアーでも、私のいる4時間くらいの間に、毎日平均4~5人くらいの人が買いに来ますよ。」と冒頭の女性。

     

    長い時間をかけて、少しずつ身体を犯していくので、使っている当人も気づかずに使い続けるという事になります。

    そして、それが原因で大きな病気になったという事が証明されたとしても、メーカーは責任をとることはありません。

    何故なら、薬機法(旧薬事法)という法律で義務付けられ、製品の裏に内容成分は全て表記されています。

    「これらの成分が入っているのを知ったうえで買って使ったのはあなた」という事になります。

    結局は、正しいことを知って、自分で自分を守らなければ、という事になります。

     

    参考の為に、白髪染めに入っている有害性のある成分を、成分名だけ幾つか書いておきます。

    ご自分を守るための参考にしてください。

    ○○パラベン(和名、安息香酸)パラベンには何種類かありますので、パラベンの文字があったら危険と思ってください。

    イソプロパノール、フェノキシエタノール(PE)、セトリモ二ウムクロリド、 パラフェニレジアミン。