• 2019年6月8日

    ついに梅雨入り、そして盛夏へ、食中毒の起こりやすい季節となります。

    夏場は菌が繁殖しやすいだけでなく暑さの為、我々の身体の抵抗力、免疫力が落ちていますので一番食中毒になりやすい季節です。

    そこで食中毒を予防する方法を調べてみました。

     

    食中毒予防の為の3つの原則

    其1 つけない

    食中毒の原因となるウィルスや細菌、化学物質などを食品や調理器具につけない。

    手をきれいに洗い、調理器具を清潔に、そして菌の付いた食品などから他の食品への二次感染を防ぐため、包丁や俎板等は水できれいに流し、乾いた布巾で綺麗に拭き、使用していない時は乾燥した状態を保つよう心がけましょう。布巾は頻繁に水洗いしてください。

    其2 増やさない

    この時期は屋内外とも高温多湿になりがちです。室温のまま置かずに冷蔵庫に入れて保存する。ただし冷蔵庫を過信しすぎるのも問題です。この時期は冷蔵庫内の温度も上がりやすくなっています。冷蔵庫の扉の頻繁な開け閉め、食品の詰め込みすぎに注意しましょう。

    其3 殺菌をする

    梅雨時は、生ものを出来るだけ控え、加熱したものを食べるようにしましょう。

    また調理器具も熱湯消毒をしてから使用しましょう。

    保存した食品は出来るだけ早めに、再加熱して食べるように心がけましょう。

     

    他には、肉、魚、野菜などは別々に保存し、調理をする際は別々に洗いましょう。

    傷みやすいものは口にしないなども、食中毒予防の心がけの一つです。

     

    以上のようなことに気を付け、今年の梅雨から夏を楽しいものにしましょう。

    <総合南東北病院HPを参考にさせて頂きました>

  • 2019年5月22日

    先日のNHKの深夜のドキメンタリー番組で、アメリカのある地方で水の中に混じっている、PFOAが体内に大量に蓄積し重症の潰瘍性大腸炎にかかり、再起不能になってしまった老人の事を、取り上げていた。

    PFOA、PFOF、あまり聞き覚えのない言葉ですが、フッ素を含んだ人工フッ素化合物で、撥水剤、防水剤、グリース、オイル等に使用されているそうです。

    20年ほど前までは、焦げ付かないフライパンや、防水加工の服、消火剤など便利な製品に数多く使われてきました。自然界ではほとんど分解されないため、工場などから漏れ出したこの物質が、今も環境中に残り水を汚染し、その水を長期間飲んだ人の体の中に蓄積され、冒頭に書いたような症状や、癌などの健康被害を生み出しているようです。

    今まで人類が経験したことのない、新しいタイプの汚染と云われています。

    健康勧告値70ナノグラム、(私にも、この数値がどのくらいなのかイメージが取れませんが)これ以下なら一日2リットル、70年間飲み続けても問題はない、と云われていますが,この勧告値をもとにアメリカ各地を調査した結果、深刻な事態が次々と見つかったとのことです。

    日本はまだまだ数値的には、アメリカほどの問題にはなって居ないようですが、沖縄の米軍基地のそばでは現にろ過装置が起動しているとのことですし、横田基地周辺の地下水も結構高い数値を示しているとのことです。

    私の住まい、道場のある羽村市は、横田基地の隣のような位置です。水道水は今もほとんど地下水です。

    大丈夫かなと少し心配にもなりますが、私などはもう年齢的にも問題はないと思いますが、若い方たちに影響の出ないのを祈るばかりです。